コシヒカリ 10kg

美味しい米は、断然コシヒカリ!

美味しいお米って、一度食べると忘れられないですよ。

 

最も有名なブランド米は、コシヒカリですがそのコシヒカリでも産地によって全然味が違うの知っていましたか?

 

 

 

 

米

それは、水や年間を通した気温が関係していると思うのですが、東北地方で作ったお米はどこのお米もとにかく美味しいです。

 

 

いろんなお米を食べてきたけど、その中でも魚沼産のコシヒカリはおかずがなくても、漬物があればとても群を抜いて美味しく食べられるんですね。

 

 

お米自体の味が違うんじゃないのって思えるほど(^◇^)

 

 

 

美味しいお米を作る条件は、寒冷地での積雪が溶けた雪解け水が関係しているみたいだから、東北のお米は甘みが強くなるんだって。

 

でも、スーパーなどでお米を買うと、持って帰るのが重いから大変ですよね。

 

 

だから、ネットでお米を買う人が増えているそうですよ。

 

注文したら、自宅まで届けてくれるからわざわざ重たいお米を持たなくて済むからネットで買うと本当に便利ですよ。

 

 

お米はキロ単位で売られているので、少量だと割高になるから、できれば10キロ単位で購入したい人が多いそうです。

 

でも、開封して時間が経つと味が落ちるので、5キロ入りを2袋を買っている人が多いようで5キロ入りで注文する人が多く一番売れているみたい。

 

 

昭和のときのように、配達してくれるお米屋さんがなくなってしまったから、お米を注文して配達してくれるのはネットだけになってしまいましたね。

 

その年にできた新米も手に入るし、送料が無料ならネットで買えば、おいしいお米が食べれますね。

 

 

美味しいコシヒカリが5キロ以上で送料無料
     ↓   ↓   ↓
米どころ新潟の旨いコシヒカリを全国に

 

 

 

 

 

コシヒカリと言っても産地によって味が違う!!

 

日本で最も有名なお米と言えば、コシヒカリ!

 

でも、このコシヒカリと言うブランド名のお米は、たくさんの土地柄で作られていて、産地によっても味が全然違うんですよ。

 

最近では中国産のコシヒカリが市場に出回るなど、日本産に留まりません。

 

最も有名な魚沼産コシヒカリ

 

中でも、最もおいしいと噂されるのが、魚沼産のコシヒカリ!

 

最上級のお米と評価されて日本の穀米機関で最高ランクを獲得しているほどです。

 

 

実際に食してみれば、粘りや弾力があって甘みがあり、噛んだだけで米の違いがわかります。

 

冷めても美味しいから、おにぎりなどで使われているのです。

 

 

佐渡産コシヒカリ

 

佐渡特有の冷たい島風によって作られたお米は、甘みが強いのが特徴。

 

寒暖差が大きいから、香りと艶が強くいお米です。

 

 

新潟でも、自然が豊富な佐渡の風土で作らたお米は適度な触感があって、食欲を促進します。

 

 

 

岩舟産コシヒカリ

 

魚沼産と佐渡産と並んで、コシヒカリ三大産地と呼ばれています。

 

新潟でも北部に位置する積雪の多い土地柄で作られ、特徴としては歯ごたえのあるお米なので、固めの触感を好む人にお勧めのお米です。

 

 

噛めば噛むほど、甘みが出てくるお米として有名です。

 

 

これらの産地以外で作られたコシヒカリでも、十分に美味しいお米であることは間違いありません。

 

スーパーなど売っているコシヒカリを買う時に気を付けなくてはいけないのが、特定地域を指定していない詳細産地が不透明な「新潟産」コシヒカリとして売られているケースが多いです。

 

このように表示されているコシヒカリは、三大コシヒカリとは別物なので注意したいですね。

 

でも、魚沼という産地は美味しいお米が作れるお水や温度条件が揃っているから、誰もが認める最も美味しいお米ができるのです。

 

 



 

 

 

 

コシヒカリのルーツ

 

お米でコシヒカリが認知される前は、ササニシキが有名でした。

 

そのササニシキを改良してできたのが、コシヒカリです。

 

更に、今ではコシヒカリも改良されて「あきたこまち」や「ひとめぼれ」などのお米も知名度が確立されています。

 

しかし、「魚沼産コシヒカリ」を超える評価は出ていません。

 

 

お米の王様と言えば、「魚沼産コシヒカリ」が最高ランクに位置付けられているのです。